上演スケジュール




『花と龍』

劇団文化座公演166

原作:火野葦平 脚本:東 憲司 演出:鵜山 仁


キャスト:

津田二朗 青木和宣 鳴海宏明 佐藤哲也 米山 実 沖永正志 白幡大介  髙橋美沙 高橋未央 藤原章寛 井田雄大 為永祐輔 兼元菜見子 岡田頼明 大山美咲 萩原佳央里 早苗翔太郎 田中孝征 若林築未  岩崎正芳 桑原 泰 市川千紘 深沢 樹 神﨑七重 泉 建斗 阿部由奨  小佐井修平 五十嵐芹架 石川 嶺 川越 司 廣田晴紀 小出菜々子 / 佐々木愛


2024年2月23日(金・祝)~3月3日(日)

俳優座劇場 六本木


   

文化座創立15周年記念『ちぎられた縄』から68年…。

いま再評価される火野葦平の魂に挑む!


《あらすじ》

広い世界が見たい!

共にめっそうもない野望を抱いた男と女が、北九州若松の港にたどり着く。 持ち前の度胸と正義感で波止場の暴力と闘い、めきめきと頭角を現す男、 玉井金五郎24才。

曲がったことが大嫌い、男勝りで誰れにでも遠慮のない、タバコを吸う小娘、 谷口マン19才。

男は支那大陸を、女はブラジルを目差して肉体を酷使する。

時は明治の終り頃、最下層の港湾労働者、ゴンゾウの世界から、地廻り、ヤクザの権力抗争を背景に、仲間の労働者たちの近代化を目差して闘う二人。 なぜか、男の背中には昇り龍と菊の花の入れ墨が……。

火野葦平が両親を実名で登場させる、玉井一族のはじまりのものがたり。




全国公演

『命どぅ宝』

脚本:杉浦久幸 演出:鵜山仁


5月~6月 全国演鑑連例会 中国ブロック

6月 全国演鑑連例会 神奈川県ブロック

  



全国公演

『しゃぼん玉』

原作:乃南アサ 作:斉藤祐一 演出:西川信廣


出演:伊豆見翔人(椎葉いずみ):藤原章寛
   椎葉スマ:佐々木愛

チエ:高村尚枝 カズエ:姫地実加 道代(みっちゃん):兼元菜見子 修理屋の男:田中孝征 那須茂忠(シゲ爺):青木和宣 おばさん(まあまあのおばさん):萩原佳央里 くまさん(おばちゃん):小谷佳加 黒木美知:深沢樹 椎葉豊昭:津田二朗


7月~8月 全国演鑑連例会 九演連

9月 全国演鑑連例会 四国ブロック

  



『演目未定』


劇団文化座公演167

演出:内藤裕子


待望のアトリエ再開記念!


10月11日(金)~10月19日(土)

文化座アトリエ


コロナ禍自粛していたアトリエ公演が再開する。 再開に向けて、文化座では初演出の内藤裕子氏と一年をかけて企画を温めています。


 



『しゃぼん玉』


劇団文化座公演特別公演

原作:乃南アサ 作:斉藤祐一 演出:西川信廣


一日限りのスペシャルサンクス公演


出演:伊豆見翔人(椎葉いずみ):藤原章寛
   椎葉スマ:佐々木愛

チエ:高村尚枝 カズエ:姫地実加 道代(みっちゃん):兼元菜見子 修理屋の男:田中孝征 那須茂忠(シゲ爺):青木和宣 おばさん(まあまあのおばさん):萩原佳央里 くまさん(おばちゃん):小谷佳加 黒木美知:深沢樹 椎葉豊昭:津田二朗


11月30日(土)東京


そして、12月5日~8日 那覇、うるま市の 3ステージ(現在企画進行中)


 



『にんげんたち
~労働運動社始末記』


劇団文化座公演168

作:マキノノゾミ 演出:鵜山仁


2025年2月21日(金)~3月2日(日)

俳優座劇場


数々の名作の生み出した俳優座劇場での文化座では最後の作品。マキノノゾミ氏書下ろし、メモリアル公演をどうぞお見逃しなく!