アクセス▼俳優紹介
文化座の歩み
 

 

劇団文化座は戦時下の1942(昭和17)年2月、

井上正夫演劇道場のメンバーであった演出家の故佐佐木隆、女優の故鈴木光枝らによって結成され、同年4月第1回公演梅本重信作「武蔵野」で旗揚げした。

武蔵野

1945年、日本の現代演劇を紹介する目的で旧満州(中国東北部)に渡り、そこで敗戦を迎えた。

彦六大いに笑ふ

 創立期には日本の現代演劇史に大きな足跡を残す劇作家三好十郎との深い結びつきによって三好作品を連続上演し、戦時下の厳しい条件のもとで演劇の良心の灯をともし続けた。

以来、三好十郎作「その人を知らず」「炎の人――ゴッホ小伝」、山代巴原作「荷車の歌」、長塚節原作「土」、山崎朋子原作「サンダカン八番娼館」など、底辺に生きる人々に光を当てた作品の上演を続ける。

その人を知らず

1982(昭和57)年には水上勉作・木村光一演出「越後つついし親不知」で新生面を切り開き文化庁芸術祭大賞、ならびに佐々木愛が紀伊國屋演劇賞を受賞。1987(昭和62)年より佐々木愛が劇団代表となる。

その後も歴史の闇に埋没しがちな人々に光を当てた「おりき」(三好十郎作)、「荷車の歌」、「サンダカン八番娼館」などを上演し、評価を得る。これらの作品は日本演劇界にとっても財産演目といえる作品となった。また、戦争を体験した数少ない劇団としての立場から「戦争と日本人」というテーマに立った「あの人は帰ってこなかった」(堀江安夫構成)、「若夏に還らず」(森口豁原作)といった作品も発表している。

 またその一方で絶えず新たな題材、舞台表現にも挑戦している。明治・大正・昭和を女医のパイオニアとして闊達に生きた女性の一代記「ほにほに、おなご医者」(志賀かう子原作)、ロックに青春を燃やした高校生たちに光をあてた「青春デンデケデケデケ」(芦原すなお原作)、盲目の女旅芸人の生き方を通して日本社会の特質を見つめた「瞽女さ、きてくんない」(斎藤真一「越後瞽女日記」より」)、二度の世界大戦によって引き裂かれながらも絆を保ちつづけた家族を描いた「遠い花 −汝が名はピーチ・ブロッサム」(八木柊一郎作)などは、それぞれ全国公演を果たし、各地にて高い評価を得ている。

青春デンデケデケデケ瞽女さ、きてくんない

近年では、その創造の方向性も多岐に渡っている。浅田次郎のベストセラーを舞台化した「天国までの百マイル」(八木柊一郎脚本)、アラスカ先住民の口承に材を取った音楽劇「二人の老女の伝説」(福田善之作・演出)、劇団の有る田端に縁を持つ作家芥川龍之介の作品から作られた「田端文士村シリーズ・三つの宝」(原田一樹構成)、三好十郎のラジオドラマを初舞台化した「鈴が通る」、若手女性漫才師の青春を描いた「笑う招き猫」(山本幸久原作・原田一樹演出)草創期の劇団の体験をモデルにした『冬華−演劇と青春−』(堀江安夫作・小林裕演出)、孤高の画 家靉光を中心とした青春群像『眼のある風景−夢しぐれ東長崎バイフー寮−』(窪島 誠一郎原作・西川信廣演出)など、列記しただけでもその多様性を伺うことができる。

天国までの百マイル眼のある風景


現代表の佐々木愛は舞台女優として円熟の域に達し、劇団を背負って立っている。中堅若手の成長も著しく劇団の層も厚くなり、創立70周年を目指し、定評のあるアンサンブルは益々磨きがかかっている。

てけれっつのぱ

佐々木隆 プロフィール

鈴木光枝 プロフィール

 

代表よりご挨拶

 

 

私達文化座は、かつて田端文士村と呼ばれた、北区田端の一隅にアトリエを構え、

全国に向けて演劇を発信する小さな劇団です。

2007年、前代表 鈴木光枝が旅立ち、メンバーは全て第二世代となりましたが、

創造の理念はそのまま引き継いでおります。

私達の生きている日本が、いえ世界が、平和で差別の無いものである事を願い、演劇を通して、

”日本、及び日本人”を見つめていきたいと考えております。

代表 佐々木 愛(ささき あい)

 

佐々木 愛 Sasaki ai 

1943年(昭和18年)、演出家・佐佐木隆、女優・鈴木光枝の一女として東京に生まれる。

 私立和光学園高校を卒業後、劇団文化座に入座。舞台は1961年(昭和36年)、山代巴作「荷車の歌」の孫娘。1963年(昭和38年)長塚節作「土」のおつぎ役で一躍女優としての評価を高める。1978年(昭和58年)、山崎朋子原作「サンダカン八番娼館」で文化庁芸術祭優秀賞を受賞。1982年度には水上勉作、木村光一演出「越後つついし親不知」おしんの演技に対し紀伊國屋演劇賞を受賞。1990年以降、鈴木光枝の代表作「荷車の歌」のセキ役を受け継ぎ、各地鑑賞会で女優賞、演技賞を受賞。最近作には、「てけれっつのぱ」「銀の滴降る降るまわりに 首里1945」「あかきくちびるあせぬまに」「少年と白い馬」などがある。1987年鈴木光枝に代わり劇団代表に。

現在、日本劇団協議会顧問、新劇俳優協会会長、日中文化交流協会常任委員を務める。著書に「劇場のそとで」「愛、夢ばなし」(教育史料出版刊)がある。

 

●舞台
1961年 山代巴作「荷車の歌」の孫娘、房枝役で初舞台
1963年 長塚節作 「土」のおつぎで全国公演
1975年 住井すゑ作「向い風」のゆみ
1978年 山崎朋子作「サンダカン八番娼館」野崎芳子とサキの娘時代
1982年 水上勉作 「越後つついし親不知」のおしん
1985年 水上勉作「五番町夕霧楼」の夕子
1987年 水上勉作「ひとり芝居 越後つついし親不知」
1990年 山代巴作「荷車の歌」鈴木光枝から代変りしてセキ役を演じる
1995年 志賀かう子原作「ほにほに、おなご医者」の久賀タエ
1996年 堀江安夫作「瞽女さ、きてくんない」の親方ふき
1998年 水上勉原作「故郷」の富美子
1999年 堀江安夫作「いろはに金米糖」のちから
2000年 八木柊一郎作「遠い花」の小川まき
2004年 浅田次郎原作「天国までの百マイル」のマリ
2004年 三好十郎作「鈴が通る」のそめ
2005年 福田善之脚本「二人の老女の伝説」の雲雀(2005都民芸術フェスティバル参加作品)
2006年 堀江安夫作 小林裕演出「冬華 ―演劇と青春―」
2007年 「眼のある風景 ― 夢しぐれ東長崎バイフー寮 ―」原作 窪島誠一郎 脚本 杉浦久幸 演出 西川信廣
2008年 原作 森口豁 脚本 杉浦久幸 演出 原田一樹 「月の真昼間」
2008年 原作 蜂谷涼 脚本 瀬戸口郁 演出 西川信廣「てけれっつのぱ」
2009年 「こんにちは、おばあちゃん」 原作=フランク・モハー 翻訳=吉原豊司 演出=黒岩 亮
2010年 「王子の狐、かぎをくはえて」 作 瀬戸口郁  演出 西川信廣
2010年 「銀の滴 降る降る まわりに 首里1945」 作 杉浦久幸 演出 黒岩 亮
2011年 「ふたり旅 越後つついし親不知」 作 水上勉 構成・演出 金大偉
2013年 「あかきくちびるあせぬまに」原作 連城三紀彦 脚本 八木柊一郎 演出 黒岩 亮
2013年 「GO」原作:金城一紀  演出:岡安伸治
2014年「少年と白い馬」モンゴル民話より 作・演出:島守辰明
2014年「旅立つ家族」 作:金 義卿  演出:金 守珍
その他多数に出演

●その他舞台
1963年 新橋演舞場「切腹」
1968年 新歌舞伎座「夜の河」
1968年 中座「旅路」
1969年 新歌舞伎座「お菊と播磨」
1971年 新劇合同公演「破戒」
1977年 新橋演舞場・前進座公演「元始女性は太陽であった」
1985年 梅田コマ劇場「はなれ瞽女おりん」
1991年 新劇合同公演「橋ものがたり」
1992年 地人会「この子たちの夏」
2003年 新国立劇場「浮標」
2012年 新国立劇場「るつぼ」



●テレビ
1962年 NTV巨匠シリーズ内田吐夢監督作品「土」のおつぎでデビュー
1963年 CX「三匹の侍」
1964年 NHK「虹の設計」
1964年 テレビ東京「楡の木は残った」
1965年 日活テレビ「絶唱」
1966-67年 NHK「おはなはん」
1966年 TBS「泣いてたまるか」
1967年 NET・東映「俺は用心棒」
1967年 CX「銭形平次」
1968年 NET・東映「待っていた用心棒」
1967年 NTV「ローンウルフ 一匹狼」
1968年 NHK「竜馬がゆく」
1968年 NET「素浪人 月影兵庫」
1968年 TBS「ザ・ガードマン」
1968年 NET・東映「野次馬がいく」
1968年 KTV「大奥」
1968年 NTV「五人の野武士」
1969年 NTV「無用ノ介」
1969年 NET「素浪人 花山大吉」
1970年 テレビ東京「江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎」
1970年 TBS「恋愛術入門」
1970年 KTV「徳川おんな絵巻」
1970年 CX・東映「柳生十兵衛」
1971年 TBS・C.A.L「大岡越前」
1972年 CX「一心太助」
1972年 NET「荒野の素浪人」
1972年 NET・東映「地獄の辰捕物控」
1973年 ABC「必殺仕掛人」
1976年 MBS「江戸特捜指令
1981年 NHK「まんさくの花」
1983年 NHK「おしん」
1985年 CBC「おじいさんの台所」
1985年 YTV「わが子にぶつかれ!」
1986年 NHK「ドラマ人間模様 花へんろ」
1986年 TX「いのちください」
1987年 ANB「美しい女相続人の叫び」
1988年 NTV「赤い靴殺人事件」
1989年 TBS「セクシャル・ハラスメント キャスター裕子の奪われた時間」
1990年 KTV「喪中欠礼」
1991年 TBS「夏目漱石」
1994年 NHK「雪」
1994年 テレビ東京「こころ」

●映画
1964年 東映「江戸犯罪帳 黒い爪」
1964年 東映「廓育ち」(佐藤純弥監督作品)
1964年 東映「仇討」(今井正監督作品)
1965年 松竹「われら劣等生」
1965年 テアトル・プロ「呼んでるぜあの風が」
1967年 東京映画「仰げば尊し」(渋谷実監督作品)               【NHK映画賞最優秀女優賞を受賞】
1968年 東映「新網走番外地」(マキノ雅弘監督作品)
1969年 東映「現代やくざ 与太者仁義」
1969年 共同映画「沖縄」(山本薩夫監督作品)
1970年 東映「日本女任侠伝 鉄火芸者」
1971年 中平プロ「闇の中の魑魅魍魎」
1972年 民芸映画「娘たちは風にむかって」
1975年 松竹映画「友情」(宮崎晃監督作品)
1978年 「翼は心につけて」(堀川弘通監督作品)
2004年 「草の乱」(神山征二郎監督作品)
2007年 「北辰斜めにさすところ」(神山征二郎監督作品)
主な受賞歴
年度
受賞
作品・個人
1958年
昭和33年度文部省芸術祭団体奨励賞
「炎の人ーゴッホ小伝」
1976年
昭和50年度芸術祭優秀賞(企画・演出)
「三人の花嫁」で鈴木光枝
1977年
昭和51年度文化庁芸術祭優秀賞
「荷車の歌」ヒナ役で新井悦子
1978年
昭和53年度文化庁芸術祭優秀賞
「サンダカン八番娼館」芳子・サキ役で佐々木愛
1982年
昭和57年度文化庁芸術祭大賞
「越後つついし親不知」
第17回紀伊国屋演劇賞(主演賞)
「越後つついし親不知」佐々木愛
紫綬褒章受賞
鈴木光枝
1985年
85年度種田賞(私の好きな芝居賞)
「おりき」
1991年
勲四等宝冠章受賞
鈴木光枝
1998年
下町人間庶民文化賞受賞
鈴木光枝
2008年
平成20年度文化庁芸術祭大賞
「てけれっつのぱ」
2014年
平成25年度文化庁芸術祭新人賞
「GO」杉原役で藤原章寛
平成20年度文化庁芸術祭大賞(てけれっつのぱ)受賞記念パーティー
2007年第4回ふなばし演劇鑑賞会賞(天国までの百マイル)授賞式
市民劇場・演劇鑑賞会賞受賞歴
年度
作品
2012年 岡山市民劇場作品賞 「てけれっつのぱ」
岡山市民劇場女優賞 「てけれっつのぱ」(おセキ役・佐々木愛)
岡山市民劇場新鋭賞 「てけれっつのぱ」(銀次役・沖永正志)
  「てけれっつのぱ」(ロビン役・小谷佳加)
広島市民劇場安佐南例会賞 「てけれっつのぱ」
広島市民劇場女優賞 「てけれっつのぱ」(おセキ役・佐々木愛)
2007年
第4回ふなばし演劇鑑賞会賞
「天国までの百マイル」
2002年
岡山市民劇場主演女優賞
「ほにほに、おなご医者」(佐々木愛)
第21回倉敷市民劇場女優賞
「ほにほに、おなご医者」(佐々木愛)
2000年
第15回旭川市民劇場賞
「青春デンデケデケデケ」
1998年
第10回松本市民劇場賞最優秀舞台賞
「青春デンデケデケデケ」
鳥取演劇鑑賞会女優賞
「サンダカン八番娼館」(おサキ役・鈴木光枝)
鳥取演劇鑑賞会例会賞
「サンダカン八番娼館」
倉敷市民劇場女優賞
「サンダカン八番娼館」(おサキ役・鈴木光枝)
倉敷市民劇場例会賞
「サンダカン八番娼館」
広島市民劇場女優賞
「サンダカン八番娼館」(おサキ役・鈴木光枝)
広島市民劇場例会賞
「サンダカン八番娼館」
1996年
草加おやこ劇場1995年度年間劇場賞
「マヨイガの妖怪たち」
川崎市民劇場第2回市民劇場賞特別賞
「青春デンデケデケデケ」
倉敷市民劇場新鋭賞
「青春デンデケデケデケ」
広島市民劇場特別賞
「青春デンデケデケデケ」
岡山市民劇場西大寺賞
「ひとり芝居 越後つついし親不知」
1995年
米子市民劇場女優賞
「あかきくちびるあせぬまに」(鈴木光枝)
94年度岡山市民劇場賞(女優部門)
「あかきくちびるあせぬまに」(鈴木光枝)
1992年
松江市民劇場第9回MITIM賞
「ひとり芝居 越後つついし親不知」
岡山市民劇場賞(俳優部門)
「ひとり芝居 越後つついし親不知」(佐々木愛)
1991年
岡山市民劇場(西大寺会場)女優賞
「荷車の歌」(セキ役・佐々木愛)
福山市民劇場女優賞
「荷車の歌」(セキ役・佐々木愛)
倉敷市民劇場最優秀女優賞
「荷車の歌」(セキ役・佐々木愛)
1990年
広島市民劇場女優賞
「荷車の歌」(佐々木愛)
岡山市民劇場俳優賞
「三婆」・鈴木光枝
岡山市民劇場作品賞
「三婆」
1989年
松本市民劇場最優秀俳優賞
「おりき」(鈴木光枝)
88年度東京労演賞
「三婆」
1988年
87年度広島市民劇場例会賞
「びっくり箱」
1986年
金沢市民劇場賞
「おりき」
倉敷市民劇場賞
「おりき」
1976年
松江市民劇場賞
「三人の花嫁」・「向い風」
川崎市民劇場賞
「三人の花嫁」
昭和50年度東京労演賞
「三人の花嫁」
Copyright c 2001-2010GEKIDAN BUNKAZA ,Ltd. All Rights Reserved.